故障した車でも売却、査定は可能?

車の売却 仕訳 車査定売却

愛車を長く乗り続けた結果、故障してしまうことは珍しくありません。新車に買い替えた際、故障した古い車はそのまま廃車処分するのが一般的なイメージですが、実際は売却が可能というケースもあります。知らずに廃車処分をしてしまうと損をする結果になってしまうかもしれません。車の買い替えをお得に行うためにも、故障した車の上手な処分方法を学びましょう。

故障車も状態によっては買取対象になる

故障者の定義について

故障した車と言えばエンジンから煙が出ていたり、ボディが大きく破損している状態をイメージするかもしれません。そのような車もありますが、実際は故障車の定義は非常に幅広いものになっています。エアコンが作動しない、クラクションが鳴らないなど走行性能には直接の影響がない軽微なトラブルも故障車のカテゴリーに含まれるのです。もちろん、エンジンがかからない、ブレーキが正常に作動しないなど安全性に重大な問題が生じている故障車も少なくありません。

法律上の制約で動かせない車もある

故障車と似た言葉に不動車があります。名前の通り、動かすことができない車のことですが、走行性能に問題が生じている車ばかりではありません。車検切れのように法律上の制約で公道を走行できない車も不動車として扱われます。このような場合、車検を受けることで再び公道を走らせることが可能になりますが、車検を受ける場合は法律で決められている金額を支払う必要があるので、車の状態によっては必ずしも最善の選択とは断言できません。

使わない車を速やかに処分した方が良い理由

使わなくなった車は廃車にしろ売却にしろ、速やかに処分するのが賢い対処法とされています。車は状態を問わず、持っているだけで税金がかかってしまうためです。また、場所を取るので敷地が狭くなってしまう問題もあります。故障車であっても状態によっては車買取の対象になるので、素人判断で諦めずにまずは専門業者に問い合わせてみるのが正しい方法と言えるでしょう。

動かない車が査定対象になる理由

軽微な故障なら直せば使える

故障している車なのに車査定の対象になり、場合によっては高く買い取ってもらえるのは不思議に思えるかもしれません。しかし、あまりにもひどく壊れている場合を除き、大抵の車は査定したうえで相応の金額が算出されるのです。軽微な故障であれば業者が修理するので、再び走行できるようになります。特に走行性能に直接の影響がない部分の故障については、それを理由に買取拒否になることは稀です。修理費用の分が差し引かれますが、車の状態が良好なら高く買い取ってくれる可能性もあると言えるでしょう。車検切れの不動車の場合、故障している部分がなければ車検の金額を差し引いた分の金額で買い取ってもらうことができます。

走行できないほどの故障車は部品取りに役立つ

事故を起こしてひどく壊れてしまったなどの理由で走行できなくなった状態でも車売却を行うことができます。壊れた車を買い取るのは走らせるのではなく、修理に用いる部品を取るのが目的です。希少なクラシックカーなど、台数が少ない車は交換用の部品を入手するのが困難です。そのため、走行できない車からまだ使える部品を取り外して再利用する形になります。走行できない車でも、他の車に必要な部品を供給するという使い方があるのです。車そのものは走行できないので車査定の金額は安くなりますが、希少性が高い車の場合は部品取りであっても高い査定額が出る可能性もあります。

動かない車を買い取ってくれる業者の選び方

軽微な故障なら大手チェーンの業者が最適

走行性能には影響しない程度の故障なら大手チェーンの中古車販売店に買い取ってもらうことができます。故障部分を修理して販売するシステムができ上がっているので、修理に要するお金を差し引いた金額で車売却が成立するのです。また、大手チェーンは会社全体で車の在庫管理を行っているので、持ち込んだ販売店に在庫があっても他の販売店に回して引き取る形になります。そのため、在庫があることを理由に買取拒否になることはほぼないと言えるでしょう。

廃車専門の業者を利用するメリット

中古車としての市場価値が算出できない車でもそのまま廃車処分するのは早計です。自分で廃車手続きを行うと解体費用や登録抹消の手続きで出費が嵩んでしまいます。廃車を専門に扱う買取業者なら出費をゼロに抑えて処分することも不可能ではありません。廃車を扱う業者は自社のスクラップ設備を持っているので、部品取りや金属のリサイクル目的で車を引き取ってくれます。車売却でお金を得ることはできませんが、自分で廃車処分を行うことによる出費を避けることができます。

素人判断は避けてまずは業者に査定してもらう

動かなくなった車は中古車としての価値がないと思って廃車処分にするのは早まった考えです。ほとんどの車はまだ使用できる部品があるので、お金にはならなくても廃車処分による出費は避けることができます。修理を行えば中古車として買い取ってもらえる可能性もあるので、素人判断で処分する前にまずは業者に車の状態を見てもらうのが賢い方法と言えるでしょう。

無料の買取査定ネットワークの一括査定.com

複数の査定サイトや車査定サイトが加入している日本自動車流通研究所(JADRI)の公式サイトのブランド力!
あなたの愛車を1円でも高く売るなら最大35社から一括査定!
車査定なら一括査定.comなら様々な車買い取り業者から簡単に複数の査定が出来るので、一 番条件の良い買い取り業者を選べます!
しつこい車査定会社等がいた場合の、クレームの窓口もございます。

タイトルとURLをコピーしました