事故車になる基準は?

車の査定 ネット 車査定売却

事故車と聞くと、自動車事故を起こした自動車をイメージする人が多いのではないでしょうか。しかし自動車事故を起こしても事故を起こした自動車と判断されない車があるのです。逆に自動車事故を起こした経験がない人の車でも、対象の部品が破損していると自動車事故を起こした車と同じだと判断されます。中古車を業者に査定してもらう時には、事故車の基準を把握し自分の車が基準に該当していないか確認しておくのがおすすめです。

事故車の基準は修復履歴の有無で判断されている

事故車の基準は、事故を始めとした何らかの理由で自動車の骨格部分を破損してしまい、損傷部品の修理履歴が記録されている車が「事故車」と定められています。一般的なイメージとしては自動車事故を起こした自動車が事故車だと思っている人が多いですが、損傷がある自動車を事故車だと判断するためには修復履歴の有無が重要視されます。

修復履歴が残ってしまう部品

事故車の基準として重要視されている修復履歴は、破損した部品や損傷の度合いによっては記録されない場合があります。基本的には、以下の自動車部品を破損してしまうと修理履歴が記録されてしまう可能性が高いのです。

・インサイドパネル(フロント)ダッシュパネル
・サイドメンバー(フロント・リヤ)
・クロスメンバー(フロント・リヤ)
・センターフロアパネル・フロアサイドメンバー
・ピラー(フロント・センター・リヤ)
・ラジエーターコア サポート(修理ではなく交換された場合)
・リヤフロア(トランクフロア)
・ルーフ

上記の部品以外の場所を破損した場合は部品を修理しても修復情報は記録されません。ボンネットやフロントバンパーなどを破損してしまった場合は、見積もりを依頼する前に破損した部品を修理しておきましょう。

事故を起こしていなくても注意が必要

対象の部品を破損するような事故を起こしていない人でも、長期間同じ自動車を保有していた場合は注意が必要です。塩分を多量に含む風や海水の被害により、いつの間にか部品が破損している場合があります。サビの蓄積や部品の損傷などの恐れがある地域に住んでいる場合は、定期的に自動車のメンテナンスを行い部品の損傷具合を確認しておくのがおすすめです。

事故車を処分する3つの手段

日本の事故発生車数は年間500万件以上を超えています。自動車事故を起こしてしまい、事故車を処分する手段に悩まされている人もいるでしょう。買取業者は事故車の買取を取り扱っているのですが、修理した情報が記録されていない車と比較すると査定額が下がってしまうデメリットがあります。自分の自動車が事故車になってしまった場合に選択できる処分方法を見てみましょう。

修理をしてそのまま使用する

自動車事故に遭ったとしても、損傷具合がひどくなければ修理をしてそのまま車を使用し続けることが可能です。車の修理は車用品専門店や自動車販売代理店、修理屋などに修理を頼めます。自動車販売代理店に修理してもらうと費用が高額になる可能性が高いため、少ない予算で修理したい人には車用品専門店や修理屋に修理を頼むのがおすすめです。

買取業者に売却する

査定してもらう車の状態によっては、修理を依頼するよりも売却した方が得をする場合があります。破損した部品を修理していない状態のまま査定を依頼すると査定額が下がってしまうのですが、査定前の修理は義務付けられていません。損傷具合によっては、修理費用の金額分損をしてしまう場合があります。

また破損した部品が多く車の状態があまりにも悪すぎる事故車は、廃車として処理され査定額0円で引き取り費用が発生してしまう可能性があります。事故車を見積もりしてもらい値段がつかない場合は、費用0円で事故車を処分できる廃車買取業者がおすすめです。余分な引き取り費用を支払う必要がなく、自動車の状態によっては買取価格がつく場合もあります。

下取りに出して車を買い替える

自動車の価値が下がる前に自動車販売代理店に買い替え費用として引き取ってもらい、新車に乗り換える「下取り」と呼ばれる方法もあります。しかし下取りでは自力で走れる状態の車でなければ引き取ってもらえません。自力で走れない事故車の引き取りを取り扱っている自動車販売代理店もありますが、レッカーを呼ぶ費用が発生してしまいます。損傷具合が軽く自走できる状態の事故車であれば買い替え費用としての引き取りは可能です。ただし買取価格と同様に、修理が必要な事故車は下取り価格が下がってしまうことに注意しましょう。

事故車を買い取ってもらう時の注意点

事故車の基準条件を満たしている車でも、業者に買い取ってもらうことは可能です。ただし業者に事故車を買い取ってもらう場合、破損した場所や部品の損傷度合によって査定額が変動します。見積もり前に破損した部品を修理していても、修理を行った記録がない車と比較すると劣化スピードが速くなってしまうのです。事故車査定額は、修理を行った記録がない車よりも30~40万程度安くなってしまうと覚悟しておきましょう。

また事故車の査定額を業者に見積もってもらう時は、破損した部品を修理した情報を申し立てる時は注意が必要です。見積もり時に事故車を修理した情報を自ら伝えるる義務は定められていないのですが、隠した状態で見積もりをお願いすると査定士からの印象が悪くなってしまいます。事前に申し立てていた場合よりも余分に査定額が下げられてしまう可能性が高いので、事故車売却を依頼する時は修復履歴を伝えておくのがおすすめです。

中古車を処分する時は部品の破損に注意

自動車事故を起こしたことはないから、自分の自動車は事故車ではない、と考えている人も安心できません。自動車事故を起こした場合は自分の車が事故車だと判断しやすいですが、知らない間に部品が破損している場合もあります。業者に査定してもらってから事故車の基準に該当していたと気付く場合もあるので、中古車を処分する時は自分の車に破損している部品がないか注意しましょう。

無料の買取査定ネットワークの一括査定.com

複数の査定サイトや車査定サイトが加入している日本自動車流通研究所(JADRI)の公式サイトのブランド力!
あなたの愛車を1円でも高く売るなら最大35社から一括査定!
車査定なら一括査定.comなら様々な車買い取り業者から簡単に複数の査定が出来るので、一 番条件の良い買い取り業者を選べます!
しつこい車査定会社等がいた場合の、クレームの窓口もございます。

タイトルとURLをコピーしました