中古車査定時に走行距離は関係ある?

車売却 委任状 車査定売却

自動車の買い取り査定をお願いした場合、査定の価格がどれくらいになるのか気になるでしょう。同じ車種だったとしても、車の状態によって買取価格にかなりの違いがあります。この記事では、中古車査定時に走行距離が買取価格にどれくらい影響するのかを説明します。また、走行距離以外にどんな要因で査定額が変わるのかも、あわせて紹介していきます。

走行距離が長いと買取額が下がる?

基本的に走行距離が長ければ長いほど、車買取の価格は下がる傾向にあります。その理由は、走行距離=寿命という考え方があるからです。長い距離を走っていると消耗品等の寿命が短くなるため、部品等の交換が必要になってしまいます。その結果、買取価格も下がってしまいます。例えば、車の製造年数が3年目で走行距離が3万2千キロ程度なら、平均的な走行距離と言えるでしょう。しかし、製造年数が2年目で走行距離が6万キロになっていると、かなり走っている車になります。そういった場合は車査定での評価も下がってしまいます。大体1年間で1万キロの走行距離を目安として考えておくと良いでしょう。

ただし、走行距離が低ければ買取価格が高くなるというわけではありません。車は走ることでコンディションを維持できます。動かさない状態が続くと、ゴムが劣化したり金属部分が錆びたりして部品自体が脆くなってしまいます。そうなると部品の交換が必要になり、余計な費用が発生してしまいます。例えば、製造年数が7年経過しているのに、走行距離が500キロ程度だとコンディションは良くないでしょう。そのため、査定額もそれ程上がりません。製造年数と走行距離のバランスが悪いと買取額が下がります。

10万キロを超える車は買取価格が低くなる?

車売却の際に走行距離が10万キロを超えていると、買取価格が低くなる可能性があります。10万キロ以上の車はリスクが高くなるからです。エンジンオイルやバッテリー、タイヤなどの消耗品であれば1年点検や車検時に交換をしているでしょう。しかし、10万キロを超えていると、それ以外の部品交換も必要になっていきます。例えば、ベルトテンショナーや燃料ポンプ、タイミングベルトなどです。走行距離が長いと様々なトラブルが発生するかもしれません。

そのため、買取価格も低くなってしまいます。ただし、日頃からしっかりとしたメンテナンスを行っている車なら、それなりの価格で買い取ってもらえるかもしれません。走行距離はあくまで目安なので、査定時に部品に問題がなければそれ程低い買取価格にはならないでしょう。また、人気の車種であれば走行距離が10万キロを超えていても、それなりの価格で買取をしてくれます。このように走行距離が長いからといって、必ず買取価格が低くなるわけではありません。

走行距離が長くても高く買い取ってもらう方法

走行距離が長かったとしても、車を高く買い取ってもらう方法があります。事前に準備ができる物やできない物があります。しかし、知っておくだけでも今後車を売る際に役立てることができるでしょう。

オプションが充実している

人気のオプションが付いている車であれば、買取価格が上がります。例えば、高性能な純正カーナビです。また、ドライブレコーダーやETCなどが付いていると、買取価格も上昇します。他にもサンルーフ付きの車は、人気のオプションのひとつです。さらに安全機能が充実している車も高価買取が期待できます。前方の車や歩行者を検知して衝突を回避できる機能や、360℃が見渡せる全周囲カメラなどです。安全性を求めるユーザーも多いため、買取価格も高くなるでしょう。

タバコやペットなどの匂いがしない

車内に嫌な匂いがしない車も重要です。車内でタバコを吸っていると、においがこびり付きます。嫌なにおいが充満してしまうと、タバコを吸わない人にとってはとても不快に感じるでしょう。そのため、中古車として販売する場合は、喫煙車や禁煙車と項目に明記しています。また、犬や猫などの動物の匂いが付いている場合も敬遠されます。特に動物に対するアレルギーがあると、車に乗ることが難しくなります。

付属品をそろえる

付属品が揃っていれば査定額も高くなります。例えば、スペアキーやカードキーなどです。中古車はスペアキーもセットで販売をします。もしスペアキーがなかった場合は、作り直さないといけません。スペアキーを持っているなら、一緒に査定をしてもらうと良いでしょう。また、保証書や点検整備記録簿などの書類もしっかりと揃えておく必要があります。

車を綺麗な状態にしておく

普段から定期的に洗車や車内清掃をしている方が、査定の評価も高くなります。査定をする側も車が綺麗だと、第一印象が良くなるからです。また、車が綺麗だと装備等のメンテナンスも、しっかりとしている印象を持ってくれます。

走行距離が長くてもそれなりの価格で買い取ってもらうことができる

たしかに走行距離が長くなってしまうと、買取査定もシビアになってしまいます。しかし、車の査定評価は走行距離だけではありません。メンテナンスをしていたりオプションや付属品が付いていたりすれば、高額な買取も期待できるでしょう。もし、車を高く売りたいのであれば、普段からしっかりと手入れをしておく必要があります。

中古車買い取りオークションのセルカ

査定は1回のみ、しつこい営業電話は一切なし、連絡はセルカからのみで最大6000社が愛車に値付けをしてくれるので確実に高く売ることができる革新的サービスです!
まだ一括査定で売ろうとしているの!?
車を売るときに営業電話がたくさんかかってきて疲れてしまいませんか?
査定は1回だけで最大6000社の業者が値付けをしてくれます!

タイトルとURLをコピーしました